[2017年]1月に観たい10本の映画!

ついに2017年がやって参りました!今年も毎月恒例の10本選ぶヤツをやっていきたいなーと思います。これだけの更新にならないように気合入れていこうと思います。よろしくお願いいたします。

マーベル作品の新作がついに公開!

今年公開が予定されている作品は非常に楽しみなものが多くてですね、また一年死ねないということになるのですが、まずは1月選んでみたいと思います!
さて、今月の10本です!!

▼前回の2016年12月編はコチラ

1月6日(金)

『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』


『グランド・イリュージョン』シリーズでお馴染みのデイブ・フランコが主演してる何やら面白そうな作品です。目の保養シーンが予告でもあるんですが、本編でどこまで楽しませてくれるかでまなデミー賞に関わってくるかなーといったところですね。

『傷物語III 冷血篇』


昨年の1月に一作目が公開されて早いもので1年となるわけですが、完結です。毎度毎度よく動くアニメーションかつ西尾維新作品ならではの怒涛の言葉攻めによる映像作品としてのクオリティ、今回も楽しみにしております。

1月7日(土)

『疾風スプリンター』


2015年の東京国際映画祭で『破風』というタイトルで上映されていたのを実はすでに観ているのですが、とっても熱いロードレースの物語になってます!好き!ダンテ・ラム監督作品お馴染みのイケメン、エディ・ポンをはじめSUPER JUNIORのメンバーも出演していたりと見応え充分。また映画館で観たいですねー。感想書かないとなー。

1月13日(金)

『ネオン・デーモン』


『ドライヴ』で一躍その名を世界に轟かせたニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作ですね。この監督いい意味で頭がイッちゃってるのでついていくのが大変なんですが、エル・ファニング観たいし頑張ります!

1月14日(土)

『本能寺ホテル』


なんか原作小説とかあるのかなーと思ったらオリジナル作品のようでちょっと期待。『プリンセス トヨトミ』は何とも言えない作品でしたが、こちらはどうなることでしょうか。楽しみ楽しみ!

1月21日(土)

『沈黙 サイレンス』


マーティン・スコセッシ監督の最新作が日本の小説を原作にしているなんて観ないとかいう選択肢ないでしょ!っていうような作品。アンドリュー・ガーフィールドやアダム・ドライバーに加えて日本人キャストも非常に豪華!はよ観せてくれ!

『ザ・コンサルタント』


新しいバットマンとなったベン・アフレックが主演だからというよりも、アナ・ケンドリックが出てくるっていう点だけで観たい映画。アナ・ケンドリックが出るんだよ!?観ないの?

1月27日(金)

『ドクター・ストレンジ』


最近、映画館にいくとやたらと見せられるストレンジ叔父さま。ちょっと大阪のIMAXまで観に行こうかなーと思っているくらい映像に期待している作品です。まるで『インセプション』じゃないっすか。今後の『アベンジャーズ』シリーズにも重要なキャラクターとのことですし、ホント楽しみ。

『マグニフィセント・セブン』


『荒野の七人』をリメイクした作品になるわけですが、俳優が豪華ったらありゃしないですよ、こりゃ。中身はもういっそ置いといてこの共演を大きなスクリーンで観ておきたいなーと思う次第であります。

『スノーデン』


社会派作品といえばオリヴァー・ストーン監督!なんてイメージがありますね。大学の授業でも出てきたわ。そんな監督が今回はエドワード・スノーデンをジョセフ・ゴードン=レヴィット主演で描くということでどんなドラマになってるんですかね。気になる。

ということで2017年一発目の10本セレクトでした!今年こそは毎月選出した作品を全部観たいなーなんて思ってますが、どうなることでしょうか。
それでは、また来月お会いしましょう!

・『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』
・『傷物語III 冷血篇』
・『疾風スプリンター』
・『ネオン・デーモン』
・『本能寺ホテル』
・『沈黙 サイレンス』
・『ザ・コンサルタント』
・『ドクター・ストレンジ』
・『マグニフィセント・セブン』
・『スノーデン』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。