[2017年]2月に観たい映画10本。

シェアする

毎月恒例の10本選ぶヤツ。2月は少しずつアカデミー賞関連の作品が公開されはじめるので、そのあたり楽しみにしながら選んでいきたいと思います!

スポンサーリンク

楽しみなのはあのミュージカルのみ!

今月絶対に外せない作品はもうあの、その、超話題のミュージカル作品ですよね。それさえ観れれば2月なんてもうどうってことないぜってレベルです。と、思っていたらもう一本見逃せないのありました。
さて、今月の10本です!!

▼前回の2017年1月編はコチラ

2月3日(金)

『虐殺器官』


伊藤計劃の作品を映画化するシリーズで虐殺器官だけ公開延期になって、早いもので1年以上経ったんですね。ようやく公開です。小説自体も好きで読んでいるので、どう描かれているのか非常に楽しみです。

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』


ね。こういうの好きだよね。ティム・バートン作品ということでファンタジーだけど、どこか毒があるのかなーと思います。にしてもVFXかなり力を入れてそうですね、これ。そのあたりの映像も楽しめそう!

2月4日(土)

『君と100回目の恋』


坂口健太郎とmiwaが主演の音楽、青春、タイムパラドックスという何だか好物な香りがするほうが作品です。こういうのが意外とツボだったりするので、これは女子高生に混ざって楽しんでこようと思います。

2月10日(金)

『マリアンヌ』


ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが主演の作品ってそれだけでもう見逃せないんじゃないの?っていうような布陣なわけですが、話は重そうですね。でも、こういうのも好物の香りがするので観ます。

2月11日(土)

『サバイバルファミリー』


おバカな感じの映画に見えるけど、実際問題ありえそうな設定なのがまた興味深いです。『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』の矢口監督なのでいい感じのコメディセンスで楽しませてくれると思ってます。

『たかが世界の終わり』


今月はミュージカル映画だけ楽しみにしてようと思ったら、これがあった。グザヴィエ・ドラン監督の最新作。これ見逃したら、ちょっとね。Mommyのブルーレイ飾ってる場合じゃなくなっちゃうからね。観ますよ。楽しみ。

2月18日(土)

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』


こんな詩みたいなタイトルを長ったらしく付けたらさ、覚えられないし映画館でチケット買うとき大変じゃんね。略したら何になるのかな、「雨ない、晴れ君」みたいな感じかな。と文句じみたこと言ってますが、非常に気になっている作品です。

『一週間フレンズ。』


これ、予告を頻繁に映画館で目にしていて段々と気になってきてしまった作品です。面白いとか面白くないとかじゃなく、興味本位でみたいだけなので、あまり触れないでください。山崎賢人は今年何作品出るんですかね。

2月24日(金)

『ラ・ラ・ランド』


映画賞レースでぶっちぎりの評価を受けているこの作品ほど楽しみにしているのはないですよね。2015年のマイベストにも選んでいる『セッション』の監督という時点で期待しかないのに、この評価だもんなー。どうなんでしょうか。

2月25日(土)

『素晴らしきかな、人生』


こういう映画を春がくる前にやるあたりが何とも憎いのですが、響いてきちゃうんだろうなーって思ってます。ウィル・スミス含め実力派のキャストばっかでそこも含めてこれは楽しみたいです。

ということで2月の10本セレクトでした!先月は選んだ作品のほとんどを観れたので今月も頑張ります。てか、感想も書きますね。
それでは、また来月お会いしましょう!

・『虐殺器官』
・『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
・『君と100回目の恋』
・『マリアンヌ』
・『サバイバルファミリー』
・『たかが世界の終わり』
・『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
・『一週間フレンズ。』
・『ラ・ラ・ランド』
・『素晴らしきかな、人生』