[2017年]4月に観たい映画10本。

シェアする

毎月恒例の10本選ぶヤツ。4月はゴールデンウィークに向けて色々なタイプの映画が公開するのでワクワクします!ド派手なものから小粒なほっこり映画まで何を観ようか迷います。

スポンサーリンク

今月はやっぱり美女と野獣かな

さて、今月の10本です!!

▼前回の2017年3月編はコチラ

4月1日(土)

『暗黒女子』


イヤミス作品の映画化、清水富美加主演ということで楽しみにしておりました。飯豊まりえもキラ君の時とは違うキャラクターで驚きました!やっぱり、富美加ちゃんはいい女優さんだと思います。

『ハードコア』


全編主人公視点ということで疲れそうな映画です。近所でやってるんですが、時間が合わず見に行けておりません。もう上映終わってしまう。

4月7日(金)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』


スカーレット・ヨハンソン主演の日本原作作品。アニメよりもわかりやすく描かれているなーと思ったけど、何か違うなーって印象もありました。

『LION ライオン 25年目のただいま』


デヴ・パテルが主演のアカデミー賞関連作品。スラムドッグ・ミリオネアの頃から比べるとだいぶ大人になっているし、ゴリゴリのマッチョになっていて驚きました。イメージ通りの温かい映画でした。

4月14日(金)

『グレートウォール』


チャン・イーモウ監督のとんでもない映画。万里の長城が実は……っていう設定のもと、何でもありな作品でした。乱暴だけど、とっても楽しかったです。

4月15日(土)

『ReLIFE リライフ』


思っていたよりもよかったのがこれ。中川大志もよく出てるけど、平祐奈が最近映画に出過ぎ問題がちょっと気になります。姉の平愛梨に代わって引っ張りだこなんだろうか。

4月21日(金)

『美女と野獣』


4月一番期待されているであろう作品。マイベスト映画にも選ぶ美女と野獣の実写化ということでハードルはかなり高いけど、再現度高そうなので期待してます。

『バーニング・オーシャン』


予告を見る度に、ちょっとちびりそうになる災害映画。しかも実話系。マーク・ウォールバーグを見るとどうしてもテッドがちらつくから真面目に見れないんだけど、負けません。

4月22日(土)

『PARKS パークス』


橋本愛が歌うってそれだけで観たくなるけど、これはどんな感じなんでしょう。気になるけど、見に行けなさそうだな。サントラで我慢します。

4月29日(土)

『帝一の國』


菅田将暉主演で今をときめくイケメン俳優が勢揃いする映画。しかも、イケメンたちのふんどし姿という目の保養にしかならないであろうシーンがあるとのことで、世の女性陣が映画館に殺到しそうで怖いです。

ということで4月の10本でした!ネット環境が整わず、もう月末という状況で書くことになってしまったのが悲しいですが、映画はちゃんと見れてます!
それでは、また来月お会いしましょう!

・『暗黒女子』
・『ハードコア』
・『ゴースト・イン・ザ・シェル』
・『LION ライオン 25年目のただいま』
・『グレートウォール』
・『ReLIFE リライフ』
・『美女と野獣』
・『バーニング・オーシャン』
・『PARKS パークス』
・『帝一の國』

スポンサーリンク

シェアする

フォローする