『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 ★★★★☆

 

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

Captain America:The Winter Soldier/監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ/2014年/アメリカ/136分

 

劇場公開日:2014年04月19日劇場公開 公式サイト

鑑賞日:2014年04月19日 新宿バルト9 スクリーン5 3D字幕版 にて

 

映画川柳

 

殴る蹴る 走る空飛ぶ 盾投げる

 

予告編

 

 

 

ざっくり、あらすじ

 

みんなしてコソコソ何やってんの?

 

『アベンジャーズ』の戦いの後、諜報機関S.H.I.E.L.D.で働くキャプテン・アメリカが、

仲間だと思っていた皆さんに裏でコソコソされて、誰も信じられなくなる作品。

 

感想、思ったこと

いや、面白かったです。熱い!キャップイケメン!

3Dで観たのですが、そこまで効果があるようには感じられなかったので、2Dの方がアクションなども観やすくていいのかなーと思います。

 

今作がマーベル・シネマティック・ユニバース、9作品目。 もう、そんなにあるのか……。

マーベル・シネマティック・ユニバースっていうのは、マーベル(アメコミの出版社)作品のヒーローが活躍する架空の世界を描いた 映画作品群のことを指すのですが、過去作としては、

『アイアンマン』(2008)

『インクレディブル・ハルク』(2008) 日本だと、ハルクの方が一ヶ月くらい公開が早い(笑)

『アイアンマン2』(2010)

『マイティ・ソー』(2011)

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)

『アベンジャーズ』(2012)

『アイアンマン3』(2013)

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014)

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)

そんなこんなで、アイアンマンとかソーとかのアメコミヒーローです。ちなみに、X-MENやスパイダーマンもマーベルヒーローですが、みんな大好きバットマンやスーパーマンはDCコミックという別の出版社で、そのDCコミックにはジャスティス・リーグというヒーロー軍団がいるのですが、その話はまたいつかすると思います(笑) マーベルもDCもそこまで詳しくないんですけどね。これらの作品群をすべて観ていればより楽しめるのはもちろんですが、前作『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と『アベンジャーズ』だけでも大丈夫だと思います。最低『アベンジャーズ』かな。何も観ていなくても見応えのあるアクションがあるので楽しめると思います。正直なことを言うと、全作品を観た上で、映像特典の”マーベル ワンショット”まで観て行くととても楽しめるかと思います。未公開シーンとかもできれば観て欲しい(笑) 結局、全部じゃんっていうツッコミが来そうですね。

ちなみに、予告編として紹介している映像はブラック・ウィドウの戦闘シーンでして、闘う女性は美しいということを声を大にして言っていきたい次第であります。今作では、3人も!闘う女性がいるので大変嬉しいでございます。

あと、新キャラのファルコン!羽を背負って空を飛ぶイカす奴!これ、正直弱いだろって思ってたんだけど、そんなことなかった。でも、やっぱり、予想していた事態に陥ったので改良してください(笑) そんなことは置いといて、ネタバレしない程度に書いていきます。

 

※何も知らずに楽しみたい方は観賞後にどうぞ

 

 

マーベル作品の原作がどうのこうのみたいな話はできないので、 この作品が扱っている社会問題に触れていこうかな、と思います。

内部告発、監視社会、それからこれからの戦争みたいなものを扱っていました。

ウォーターゲート事件とかその辺が絡んでいると思われます。世界史にハマっていたのと現在も政治を学んでいる(?)ということで、この辺は気になって調べちゃいますよね(笑) 調べると色々と関連したことが出てくる、出てくる。 オバマ大統領が推進している無人殺人機(言い方が悪い)とか まさしく、今作で出てくるヘリキャリアによるテロ対策。

ウィンター・ソルジャーという名前も単なる敵の名前ではなく、 ベトナム戦争での犯罪を語る兵士たちの話があって、「冬の兵士」というタイトルで本が出ているので今度読んでみようと思います。 別にそんなこと知らなくても充分楽しめるんですけど、ヒーローが組織に疑問を持って、ホントはこうなんだけどお前らどう思う?って投げかけているんだもの、面白いですよ。

キャプテンは真面目でつまらない奴だけど、その真面目さが好きです。たまらん。 アベンジャーズで一番好きなのはブラック・ウィドウなんだけどね。

 

とあるシーンでブラック・ウィドウが”ゲームする?(多分、Shall We Play A Game?)”っていう言うとキャプテンが「それ、映画のセリフだろ」みたいな会話があるんですが、 元ネタはきっと1983年公開の『ウォー・ゲーム』かと思われます。

内容がネットワークを使った戦争の問題を描いていて、人工知能との会話でぴったりかなと。

今作のキャプテン・アメリカとブラック・ウィドウの会話が好きです。 何なんですかね、あの可愛さ(笑) 「キスくらいしたことあるわ!」って、ねぇ。

スピンオフ企画でお隣さんとのデートを描いて欲しいものです。 謎多きブラック・ウィドウのこともちらちらと見れました。本当に次回以降への期待の膨らませ方も上手い! 早く『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が観たいです。

だって、最後のあれってそういうことですよね!?笑

 

でも、その前に『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』が楽しみ。

闘うアライグマですよ、アライグマ!

 

DVD/Blu-ray好評発売中!

 

 

関連作品