12月に観たい10本の映画。

12月に観たい10本の映画。

どうも、manabuです。さてさて、今月もやって参りました。「12月に観たい10本の映画」!ついに2015年も12月なんですね、いよいよ『007 スペクター』や『スター・ウォーズ フォースの覚醒』も公開されてくるので、大忙しです。今年最後の12月に観たい10本の映画、いきます!

 

12月に観たい10本の映画。

 

12月4日公開(金)

007 スペクター

2015年12月二大巨編のうちの一つが大人気スパイ映画『007』シリーズの最新作『007 スペクター』でございます。11月末の先行上映で鑑賞してきました。 ダニエル・クレイグ版のジェームズ・ボンドも早いもので4作目となりますが、4部作として成立させる作品になっていました。

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

個人的に今月の大穴映画だと思っているのが、このピーナッツムービー!スヌーピーってキャラクターは知っているけど、そんなに物語的な部分は知らなかったりするのが現実なんですよね。

予告もいい感じだし、海外では好評価なので期待大であります。

 

 

SAINT LAURENT サンローラン

そして、イヴ・サンローランの映画って何本目ですか?と気になるくらい映画があるような気がしますが、今回も気になってしまいます。何ですかね、この魅力は。レア・セドゥーも出てると言われれば食指が動きますよ。

 

 

 

12月12日公開(土)

orange オレンジ

原作漫画が好きなので、どう実写映画化されたのかは非常に気になりますね。原作者が映画化のことで何やらあったようですが、気にしません。観ます。

 

 

 

12月18日公開(金)

スター・ウォーズ フォースの覚醒

12月二大巨編のもう一つはこれです。というか、これは2015年最大の期待作と言ってもいいくらいにお祭り状態ですね。

一応、公開のタイミングでオーストラリアに行くことになりました。つまり、IMAXで70mmフィルム版上映を日本で観るよりも早く鑑賞できるということです!いえい!

見終わったら即感想を書けるほど、英語が堪能ではありませんが頑張って記事はアップしたいなと思っています。

 

 

 

12月19日公開(土)

ストレイト・アウタ・コンプトン

海外での評価が高い音楽映画です。今年は何かと音楽映画が当たっているので、こちらも非常に楽しみなんですよね。事前に、背景や楽曲を知っているとより楽しめそうなので、勉強しようかな。

 

 

ディーン、君がいた瞬間(とき)

みんな大好きデイン・デハーンが出ている映画です。ただ、デイン・デハーンって言いたいだけです。ごめんなさい。

 

 

 

12月23日公開(水)

クリード チャンプを継ぐ男

突如、浮上した傑作臭のする映画であります。伝説的な映画『ロッキー』シリーズを引き継ぐ物語ということですが、わたくし『ロッキー』ちゃんと観たことがないです。何でも、シリーズを知らなくても楽しめるとのことなので、何も復習せずに行ってみようかな、と思っています。

 

 

 

12月25日公開(金)

完全なるチェックメイト

サム・ライミ版の『スパイダーマン』をやっていたトビー・マグワイアが実在した天才チェス・プレイヤーを演じている作品です。冷戦時代の作品が立て続けに公開されているので、色々な視点で当時を考えるいい機会かな、と思います。

 

 

 

12月26日公開(土)

消えた声が、その名を呼ぶ

100年前の歴史的事件を基に描かれたドラマということで、何だか重苦しそうな雰囲気が漂っています。第71回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門ヤング審査員特別賞受賞と聞いたら、何だか期待してしまいます。

 

ということで、2015年最後の観たい映画10本でした。この他にも観たい映画は色々とあるので、迷いは消えませんが来年に向けていい映画納めができるといいなーと思っています。

 

12月に観たい10本の映画
007 スペクター
I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
・orange オレンジ
・スター・ウォーズ フォースの覚醒
・ストレイト・アウタ・コンプトン
・ディーン、君がいた瞬間(とき)
・クリード チャンプを継ぐ男
・完全なるチェックメイト
消えた声が、その名を呼ぶ

12月に観たい10本の映画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。