『ホットロード』 ★★☆

 image

ホットロード

監督:三木孝浩/2014年/日本/119分

 

劇場公開日:2014年08月16日劇場公開 公式サイト

鑑賞日:2014年08月31日 TOHOシネマズ錦糸町 スクリーン3 にて

 

映画川柳

 

空の色 光の加減 美しい

 

予告編

 

 

ざっくり、あらすじ

 

暴走族に惚れられちゃいました。

 

母の愛を感じられない不良少女、和希(能年玲奈)と

暴走族の不良少年、春山(登坂広臣)の愛を描いた作品。

 

感想、思ったこと

■とりあえず、オーマイリルガー。

尾崎豊のOH MY LITTLE GIRLを主題歌にしているのですが、エンドロールとてもよかったです。はい。 原作が今から30年近く前の作品みたいなので、 設定もどこか古めかしくケータイなんぞ出てきません。

そんな映画の主題歌を主演しているからといって 三代目J Soul Brothersが歌うと少し雰囲気崩れてしまうのかなと思いました。

でも、カバーでもよかったんじゃないですかね。 登坂さん、ボーカルなんだし。

 

うん。 あんまり内容覚えていません。

 

■それはちょっとないだろう。

物語中盤腹痛に襲われる春山に対して和希が取る行動がよくわからないのですが、何なんでしょう。しかも、それまで激痛でのたうち回っていたはずなのに、その行為が行われる瞬間から何事もなかったかのような……。

突っ込んだら負けなんでしょうが、この即効性は頂けませんでした。え、愛の力? 知らねーよ、そんなもん(笑)

それから、原作の設定などは全く知りませんが 木村佳乃演じる、和希の母親が子供過ぎて大丈夫かなと。 「自分の子供が大事なの!」って言い張りつつも 自分は好き勝手いちゃこらしてるけど、どうしたの?っていう。

まぁ、いいです。隣の人泣いてたし。 良い映画でした。 衣装の変化は面白かったな。

 

■曇り時々、落合モトキ。

この映画の朝方の空の色とか空気感はすごく好みで 三木監督作品ならではの優しい画作りだなーと感じました。ミュージックビデオの監督出身なので、独特なのかなーと。でも、センスは本当にいいなーって思って観てました。『ソラニン』とかも三木監督ですけど、人気ですよね。

それから、春山の親友リチャード役の落合モトキ。そうです『桐島、部活やめるってよ』で、もじゃもじゃヘアのチャラい感じの帰宅部だった彼です。いい味出してましたねー今作も。応援してます。

筋肉モリモリ鈴木亮平も珍しく脱がずに出演しております。いい男でした。車の中のシーンはちょっと笑っちゃったけど。

色々言ってきましたが、登坂さん、能年さんのファンの方は 観に行くといいんじゃないでしょうか。

登坂さん、お家ではきっとあんな感じで髪の毛ぺたってしてるんだろうなーってちょっとオフな感じも垣間見えますし。

 

「俺の女にならないか」って言われた時は 完全に「じぇじぇじぇ」でした(笑)