[映画の感想]『インターステラー』宇宙の果てで触れたもの。 

[映画の感想]『ダークナイト』シリーズのクリストファー・ノーラン監督作品。宇宙と地球の2つの時間を圧倒的な熱量で描く。本当にノーランが作ったのか疑問に思うほどエモーショナルな物語に驚き、涙するSF大作。これは覚悟して観たい。

インターステラー

(C)2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

インターステラー

Interstellar/監督:クリストファー・ノーラン/2014年/アメリカ/169分

劇場公開日:2014年11月22日劇場公開

映画川柳

星空を 見上げる度に 父想う

ざっくり、あらすじ

地球はもうダメかもしれない。

地球環境が変化し、食料危機へと陥った近未来で人類が生き残るために

他に住める惑星がないかと探しに行く父とその帰りを待つ娘を描く作品。

感想、思ったこと

※ネタバレはしていません。ネタバレ記事は別に書きます。

■クリストファー・ノーラン監督という熱い男。

まず、感想としては面白かったというよりも熱かったな、ということ。クリストファー・ノーラン監督は好きな監督の一人で、今作も1年くらいずっと楽しみにしていた訳ですが、期待以上で、想像以上のところにある映画でした。監督作品は全部観ていますが、どの作品よりも熱いものを感じました。こんなにこの人って感情的だったっけ、と思うほどに。

イメージとしては緻密で論理的な人で、最終的にズルをする人っていう印象があったけど、今作でもそれはもちろん感じるんだけど、それよりも強く熱を感じました。その理由は、父と娘の物語であったからだと思います。

これ、宇宙を舞台にしたSF作品で間違ってはないんですけど、それがおまけなんじゃないかって言うほどドラマです。ちょっと言い過ぎたかも。

今作は今までのカメラマン、ウォーリー・フィスターに変わってホイテ・ヴァン・ホイテマ(『ぼくのエリ 200歳の少女』や『her/世界でひとつの彼女』)が担当しているんですが、この人のカメラってとろけるような暖かい映像で人を撮るのが好きだなって印象なのですが、それが今までのノーラン作品とは違った空気感を出していました。

よくも悪くもノーランっぽくない。フィルム撮影かつ極力CGを使わないことにこだわるノーラン監督だけに、映像の質感はたまらんです。いや、本当もう一回観たい。序盤の家族3人、車でトウモロコシ畑を走るシーンの楽しさと言ったら、もう。ワクワクしちゃいました。

 

ストーリー的には宇宙の話なので、まぁ難しいです。でもだからといって話がわからなくなるのかというとそういう訳でもなく。もちろん、作中に相対性理論などの話が出てきますが、主人公のクーパー自身、相対性理論や量子論、ワームホールなどに関して理解していないので問題ないです。説明もさらっとしてくれますし大丈夫です。もちろん、知っていたらもっと楽しめるんだろうとは思います。

キップ・ソーンという理論物理学者の理論を基にしている科学考証があるので、リアリティも感じられます。ワームホールってああなってるのか、ブラックホールってああいう形状なのか、と。そんな宇宙の真面目な話を置いといてもいいくらいに、熱いドラマを展開していく訳です。だから、あんまり難しいことは考えなくてもいいのかもしれません。

クライマックスの超展開は考えたいところですけど。あんまり言うとネタバレになってしまいますが、もっと、ウラシマ的な話かと思っていたのでいい意味で裏切られたし、ちょっと違う次元での話でした。真面目にずるいことはしてくるんですけど。いや、そこが好き。

『インターステラー』気になった5つの言葉を調べてみた。

2014.11.21

■静かに、そして壮大に

今作もクリストファー・ノーラン監督作品ではお馴染みのハンス・ジマーが音楽を担当しています。が、いつものようなメロディアスな音楽ではなかったです。なおかつ、いつものパーカッションを封印しているけど、これが物足りないという訳ではなく、確実にドラマを引き立てるいい役割になっています。

イギリス・ロンドンにあるテンプル教会にあるオルガンを使用していて、静かに、それでいて荘厳という「宇宙」、そして「愛」を巧みに演出していたと思います。時計の音のようなサウンドもあって、物語に合わせて「時間」を意識させられるというのも憎いなと思いました。

音楽だけでなく、宇宙空間における無音も鳥肌が立つほどで、素晴らしかったですね。宇宙船内での揺れなどを音からも感じることができて、音響も相変わらずこだわり抜いているな、と感じました。

■マーフィを演じた3人の女優

主人公クーパー(マシュー・マコノヒー)の娘マーフィを演じた3人の女優さんがとにかく素晴らしい。幼少期を演じるマッケンジー・フォイは本当に可愛い。いや、なんすかあの瞳は!アン・ハサウェイそっちのけで、フォイちゃんだよ、もう。アン・ハサウェイもいいですよ。僕は大好きです。

そんな女優陣の演技もあってか、クリストファー・ノーラン作品で泣かされる日が来るとは思いもしなかったですね。いや、本当に。

もちろん、それ以外の役者さんたちも絶妙な配役で、ありがとうございました(笑)

 

だらだら、長くなってきたのこの辺で一旦終わり、また別記事を書きたいなと思います。書きたいこといっぱい。

169分という長さは決して気安く観れる感じはないですが、この冬、見逃せない熱い1本だと思います。映画館の大きなスクリーンでこのドラマを目に焼き付けて欲しいな、と思うほど、人類の希望が詰まった素敵な映画でした。

関連作品

インターステラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。