[2016年]1月に観たい10本の映画。

1月に観たい10本の映画

今年もやります!毎月頭にその月に観たい10本の映画を独断と偏見で勝手に紹介するだけです。自分の好みとか注目作品が読んでくださっている方の映画鑑賞の参考やヒントになればいいなーと思っています。

タイトル画像も雰囲気変えて作ってみました。オーストラリアで撮った写真に文字載せただけですけど、何かいい感じになったので採用してます。

 

2015年12月編

 

1月に観たい10本の映画。

今月は8日9日の週末から注目作が目白押しなので、選ぶのちょっと困りました。メジャー系作品にいつも以上に寄っていますが、お許し下さい。
1月8日(金)公開作品

『ブリッジ・オブ・スパイ』


まずはこれですよね。トム・ハンクスとスピルバーグ監督がタッグを組んで、脚本にコーエン兄弟というとんでもないメンバーが集結しています。話は冷戦時代の実話ベースもの。これを観ないと2016年は始められないというような作品だと思います。

『イット・フォローズ』

今月の多分隠し玉。イギリスに昨年3月に行った時に映画館でやっていて、観ようかなと思ったホラー映画。海外でもすこぶる評判が良くて、一味違うホラーが楽しめるらしいので人に「うつる」という「それ」とは一体何なんでしょう!?

『クリムゾン・ピーク』

続きまして、皆が待ち望んでいたギレルモ・デル・トロ監督の最新作!もうそれだけでテンションが上がるというのに『パンズ・ラビリンス』を彷彿とさせるダークでホラーな作品ですよ。キャストも豪華で、もう楽しみ過ぎます。

『傷物語Ⅰ 鉄血篇』


今月のアニメ枠はこれですよね!人気作家西尾維新の小説「傷物語」を映画化で三部作にして描くということです。元々「物語」シリーズは、「化物語」がTVアニメ化しているので、その流れで映画も楽しみの方も多いと思います。
1月9日(土)公開作品

『ピンクとグレー』

予告編は公式サイトでご確認ください。
昨年の東京国際映画祭で一足早く鑑賞済みのこの作品。今月の邦画では外せない一本かなと思います。監督は行定勲ですし、今をときめく菅田将暉出てますからね。

1月15日(金)公開作品

『パディントン』


もふもふを楽しみたい、ただそれだけ。この作品ちょっと吹替も気になっています。
1月16日(土)公開作品

『白鯨との戦い』


ここから大作系に戻ってきて、公開延期となっていたロン・ハワード監督の最新作。注目のトム・ホランドくんが出ているということで見逃せないです。これは見逃せない。
1月23日(土)公開作品

『ザ・ウォーク』


最近、あんまり見かけなかったジョセフ・ゴードン・レヴィットの主演作ですね。綱渡りシーンは3D効果がとてつもなく、酔う可能性もあるとかないとか……これは気になるし、劇場鑑賞向けかなと思います。高所恐怖症の人には苦行のような映画かもしれないですね。

『サウルの息子』

第68回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品です。これも評判がいい感じということと「アウシュヴィッツ強制収容所」を描いていることからも見逃せないですね。映画館で集中して観たいです。
1月30日(土)公開作品

『ブラック・スキャンダル』

そして、最後はハゲのジョーニー・デップが異様で怖い映画です。これも海外での評判がよくて、どんなものなのか気になっています。ベネディクト・カンバーバッチも出ているのでどんな演技合戦が見れるのか楽しみですね!
[2016]1月に観たい10本の映画
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『イット・フォローズ』
『クリムゾン・ピーク』
『傷物語Ⅰ 鉄血篇』
『ピンクとグレー』
『パディントン』
『白鯨との戦い』
『ザ・ウォーク』
・『サウルの息子』
『ブラック・スキャンダル』

1月に観たい10本の映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。