『思い出のマーニー』 ★★★☆

 image

思い出のマーニー

監督:米林宏昌/2014年/日本/103分

 

劇場公開日:2014年07月19日劇場公開 公式サイト

鑑賞日:2014年07月22日 TOHOシネマズ 錦糸町 スクリーン1 にて

 

映画川柳

 

マーニーは あなたの中にも 潜んでる

 

予告編

 

 

ざっくり、あらすじ

 

夏休みに出会った少女は一体何者なのでしょうか。

 

複雑な家庭事情と諸々で上手く周りに溶け込めない杏奈が、

療養のために訪れた田舎町で成長していく作品。

 

感想、思ったこと

日本の夏によく合うなと思いました。いいお話です。心地よかった。

観ている最中はなんだ、この妄想劇はと思っていたのですが、伏線がいくつもあり、真相が明かされるとその妄想劇の理由もしっかり腑に落ちるので、なるほどなーと思いました。

『風立ちぬ』より好きです。はい。

おばさんたちさっさと教えてあげなさいよ。 湿っ地屋敷のことを!笑

ジブリ映画にしては珍しくネタバレ厳禁というか何と言うか、世間では百合映画だ、なんだの言われてますが全くそんなものではないです。むしろ、そのイメージで観に行かないのなら勿体ないなと思います。個人的にはホラーなところもあり、日本の夏って感じがしたんですよね。

冒頭の車のシーンとか『千と千尋の神隠し』に近いような気がしました。あと、階段駆け下りるシーンとかもありましたね。 女の子の成長物語ってところも近いかな。 「崖の上のサイロ」とか『崖の上のポニョ』かよ、みたいな。他のジブリ作品を連想させるようなシーンや台詞があって個人的には何だなんだと勘繰っておりました。ジブリの集大成なのでしょうか。

自分にはマーニー的な人との出会いや思い出は ほとんどないんですけれども、飼っていた犬がそれに近いのかなってちょっと思いました。

マーニーが今もどこかで見守ってくれているんじゃないでしょうか。