[映画の感想]『味園ユニバース』消したい記憶とこれから。 B+

シェアする

 misono

スポンサーリンク

味園ユニバース

監督:山下敦弘/2015年/日本/103分

劇場公開日:2015年02月14日劇場公開 公式サイト

鑑賞日:2015年02月14日 TOHOシネマズ船橋 スクリーン5 にて

映画川柳

過去は過去 これからのことを 記憶する

予告編

申し訳ありませんが、公式サイトで確認してください。

ざっくり、あらすじ

記憶をなくしても、歌は覚えている。

刑務所から出てきたばかりのポチ男(渋谷すばる)は何者かに襲われ記憶をなくす。

そんな中出会ったカスミ(二階堂ふみ)とバンド「赤犬」との交流の中で自分と向き合うポチオを描いた作品。

感想、思ったこと

■二階堂ふみ可愛い。うん。

歌うこと以外の記憶がなくなったポチ男の物語です。よかったですねー。

ラスト2カットたまらんです。こういうのが好きなんですよ、ニヤニヤできるって素晴らしい。

アイドルである関ジャニ∞の渋谷すばるが底辺に落ちた男を演じてるんですが、あの沈んでいる表情はすごいですね。生気を失った人間でした。あんまり渋谷すばるって演技してるのを見ないので、新鮮でした。

そして、この作品に関ジャニ∞の渋谷すばると共に出演しているのが二階堂ふみ様でございます。話題作に数々出演していて、日本映画界に必要不可欠な若手女優と言っても過言ではないくらい存在感がありますよね。彼女が演じる人物はどこかぶっ飛んでいる設定が多かったりしますが、今回はまあその中でも普遍的なのか、な。何とも言えませんが(笑) とにかく、可愛いですね。相変わらず。

■渋谷すばるの歌。

渋谷すばるが歌が上手いのは知っていましたが「古い日記」を突然歌い出すシーンは衝撃を受けました。もちろん、いい意味で。こんなにエモーショナルにこの曲を歌えるんだなと感心してしまいました。ジャニーズだからと侮るなかれという感じですね。顔だけじゃねーぞ、と。

今作は赤犬という実在するバンドが本人役で出ているんですが、彼らも上手い。間合いがナチュラルで、そこらへんにいるおっさん感が作品の空気を見事に作っていたなーと思います。

ただ、クライマックスのライブシーンがちょっと惜しくて、音源に合わせて演技していると思うんですが、ちょっと合ってないように感じてしまいました。そんなに首に血管浮かばせて歌ってる声じゃないよ?みたいなライブと音源の温度の差みたいなのが出てしまっていて、非常にもったいないなーと思いました。

それでも、音楽を含めよかった映画であるのは間違いないですね。劇中で歌われる「ココロオドレバ」もいいですけど、主題歌の「記憶」が映画の余韻と相まっていい感じに響いてくるので、エンドロールの最後まで美味しい作品でした。

誰もが消したい過去の記憶を持っているとは思うんですが、やっぱり大事なのは過ぎたことよりもこの先のことだよな、と改めて思わされるようにまっすぐで前向きな作品です。音楽もいいですし、ファンの方々は観に行くべきだと思います。

映画を観た後、タイムリーに弾丸で大阪旅行をしてきたのですが、難波にある”味園ユニバース”実際に見てくればよかったな、と少し後悔。

しょーもなっ。

関連作品