10月に観たい10本の映画。

10月の観たい10

[観たい映画]今月もやってまいりました!毎月選んでる観たい映画10本。これ観たい、あれ観たいって選んでいる割りに他の作品を観てしまったりと気持ちは揺れ動きますが、参考までに今月もご覧ください。

 

 

10月2日公開

『屍者の帝国』

伊藤計劃の小説を3ヶ月連続で劇場アニメ化するということで、第一作目はこれです。いやー単発のアニメ映画は楽しみです。シリーズものとかだとTVシリーズから追っかけなきゃいけなかったりするので、本当に助かります。

 

 

10月3日公開

『パパが遺した物語』


これも、無難に、そして安心して見れそうな作品なので選出!『幸せのちから』の監督ってことは泣ける系なのかな、と。キャストはラッセル・クロウとアマンダ・セイフライドって『レ・ミゼラブル』ですかね。期待しちゃいますよ。

 

『バクマン。』

邦画からはこの作品。『るろうに剣心』シリーズの佐藤健、神木隆之介が主演と聞けば、そりゃ映画ファンが飛びつきますよね。私もホイホイされたうちの一人です。うう。プロジェクション・マッピングを使ったっていう映像もあるそうなので、普通に楽しみです!

 

 

10月9日公開

『ファンタスティック・フォー』

映画ファン必見らしいので、これは観ないといけないですね。アメコミ系は好きなので、全然つまらなくてもいいです。『クロニクル』の監督ってことで、とりあえず観ましょう。それだけでVFXなどの描写には安心感があります。

 

『ピッチ・パーフェクト2』

今月外せない1本!ようやく、観れるよおおおおおお!六本木のみ先行で上映され、全国ロードショーは16日からです。いえーい!ぴっち!いえーい!(ボキャブラリーのなさをお許し下さい。)

 

 

10月10日公開

『マイ・インターン』


すでにマスコミ試写会で鑑賞させていただきましたが、普通によかったです。働く女性に焦点を合わせた作品ではありますが、主人公はロバート・デ・ニーロなので意外と男性も楽しめると思いますので、お気軽に!って感じですね。

 

 

『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

普段選ばないようなドキュメンタリー作品も今回は選んでみました!ただ、予告観て面白そうだなーっていうね。ただ、それだけなのですが、ははは。カメラマンっていうこともあるので非常に気になります。

 

 

10月24日公開

『EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー』

これもあんまり選ばなそうなものでございます。が、しかし予告を見る限りVFXのクオリティが高そうなので、映画館で観るに値するんじゃないかなーって思ってます。少年たちの冒険ってワクワクしちゃうんですよね。

 

 

10月31日公開

『エール!』

感動系もう1本。いやー予告でやられましたね。もう、その時点でとりあえず観ておこうかなって気持ちになりますよね。

 

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

今月イチの大作かな、と。これはですね、観ておかないとなーっていうジョー・ライト監督作品ですよ。美しい映像で、ルーニー・マーラを観たいです。ええ。ルーニー!

 

ということで、10本選びましたが他にも……

『ドローン・オブ・ウォー』、『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』、『ダイバージェント NEO』、『マジック・マイクXXL』、『俺物語!!』、『ミッドナイト・アフター』、『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』、『ギャラクシー街道』、『WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』とかも観たいですね。

 

しかも、今月末は東京国際映画祭もあるので映画を観ている暇があるのだろうか、っていうところが心配ですが頑張りましょう!

 

10月に観たい10本の映画。

・『屍者の帝国』

・『パパが遺した物語』

・『バクマン。』

・『ファンタスティック・フォー』

・『ピッチ・パーフェクト2』

・『マイ・インターン』

・『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

・『EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー』

・『エール!』

・『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。