[映画の感想]『プリズナーズ』ヒュー・ジャックマン、怖い

『灼熱の魂』で世界中から評価されたドゥニ・ビルヌーブ監督の『プリズナーズ』の感想です。普段は、優しい役柄の多いヒュー・ジャックマンが首筋に血管浮かび上がらせて、娘を探す父親を演じています。それが、とにかく怖いです。ちょっと宗教じみた部分もありますが、面白かったです。

[映画の感想]『アナと雪の女王』ディズニーミュージカル復活

本年度アカデミー賞、長編アニメーション部門と主題歌賞(「Let It Go」)を受賞した作品『アナと雪の女王』の感想です。「やっぱり、ディズニーアニメはこうでなくっちゃ!」と思わせてくれるようなミュージカルになっていてよかったです。アニメの質も高く、こりゃヒットするのも頷けます。

スポンサーリンク