12月に観たい10本の映画。

どうも、manabuです。さてさて、今月もやって参りました。「12月に観たい10本の映画」!ついに2015年も12月なんですね、いよいよ『007 スペクター』や『スター・ウォーズ フォースの覚醒』も公開されてくるので、大忙しです。今年最後の12月に観たい10本の映画、いきます!

[映画の感想]『レインツリーの国』玉森裕太と西内まりやの瑞々しさ

Kis-My-Ft2の玉森裕太とモデル出身の西内まりやという若手キャストで描く『レインツリーの国』観てきました。ファンにはたまらない玉森裕太セクシーシーンあり、西内まりや可愛いというコンボに打ちのめされました。さらっと感想を書いて行きたいと思います。

[映画の感想]『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』ありがとう、ジェニファー・ローレンス

11月20日についに完結を迎える『ハンガー・ゲーム』シリーズの最終章を観てきました。今までの作品を踏まえた上での展開を見せるので復習は必須です。最終章に相応しいスケールの大きなハンガー・ゲームになっていて、面白かったです。何よりもドラマ性が前作に引き続き高いので見応えたっぷりでした。

[映画の感想]『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』CGじゃないの!?

第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリとパルムドッグ賞を受賞したことでも話題の犬映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』。試写会で一足お先に鑑賞できたので色々と書いていきます。これ、素晴らしいです。こんな犬映画観たことないです。

11月に観たい10本の映画。

どうも、manabuです。さてさて、今月もやって参りました。「11月に観たい10本の映画」!もう、11月なんですね、今年も残すところあと2ヶ月ということで、大作系の映画も続々と公開されてくるので、観たい映画が多すぎて悩む季節でもあります。そんな11月に注目している観たい10本の映画、いきます!

[映画の感想]『亜人 第1部「衝動」』宮野真守の存在感と死とは何か A

11月27日より公開となる『亜人 第1部「衝動」』を東京国際映画祭にて一足早く鑑賞してきました。思っていた以上に面白い作品でした。主人公演じる宮野真守さんの圧倒的な存在感と作品のテーマがセルルック3DCGによって巧みに表現されていました。原作のことも少し触れます。三部作の残りが気になって仕方ないです。

スポンサーリンク