『スノーピアサー』 ★★★☆

 

スノーピアサー

Snowpiercer/監督:ポン・ジュノ/2013年/韓国・アメリカ・フランス/125分

 

劇場公開日:2014年02月07日劇場公開(PG12) 公式サイト

鑑賞日:2014年01月16日 【試写】映画美学校 にて

 

映画川柳

 

運命を 乗せた列車は 止まらない

 

予告編

 

 

ざっくり、あらすじ

 

凍った世界の車窓から。

 

世界が氷に覆われてしまい生きるために乗り込んだ列車。

列車内の階級社会に疑問を持って、先頭車両に殴り込みにいく作品。

 

感想、思ったこと

これはね、面白いです!

見応えたっぷりの映像がかっこいいんですよ。狭い列車内という空間をいっぱいに使っていて、列車を進んでいく様がゲームのようで楽しかった。

途中子供達が歌い出すシーンは笑ってしまいました。何なんでしょうか、あの歌は。

主人公はあの『アベンジャーズ』でキャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスなのですが、髭面で薄ら汚くワイルドになってます。キャップとは大違いなので、一瞬別人かと思いますが、こちらの方がイケメンだと思います。はい。

そして、誰よりも存在感を示しているのが、ティルダ・スウィントンです。メガネ掛けたうざそうなババアです。はい。本当は綺麗な方なんですけどね。すみません。 『ナルニア国物語』シリーズに出てますよね。『少年は残酷な弓を射る』という作品にも出ているのですが、この映画好きです(笑) 決して気持ちのいい映画ではなく、胸くそ悪い映画です。 気軽な気持ちで観ない方がいいかもしれないですが、エズラ・ミラーが出ているので『ウォールフラワー』のDVDが出たら紹介しようかなと思います。 話がずれましたが、ティルダ・スウィントンの化け物っぷりは見る価値があります。

色々と突っ込みたいところもあるのです。 設定も意外と雑で、テンポなどを考えれば説明不足なのは仕方ないかなとは思うのですが、やっぱりそれって大丈夫なの?みたいな所がありました。それから、ラストとかラストとかラスト(笑) 一緒に試写に行った友人(あまり映画を観ていないと思う)と、 帰り道に面白かったけど、ラストがって話をして盛り上がったくらいです。 (いえ、盛り上がってません)

多くを語らないラストは好きなんですけどね。ぜひ、その目で何の話をしているか確かめてください。

列車が世界の縮図のようで、実際の世界もこうして廻っているのかと思うと なんだかなーとも思ってしまうのでした。

 

 

2014年06月27日 DVD/Blu-ray発売!