[映画の感想]『残穢【ざんえ】 住んではいけない部屋』怯える橋本愛がただ可愛い

[映画の感想]みんな大好き橋本愛が恐怖に怯える映画『残穢 住んではいけない部屋』の感想。どんどん掘り起こされる謎はミステリーともホラーとも言えない。これは怪談。何はともあれ、怯える橋本愛が可愛い。

残穢 住んではいけない部屋

(C)2016「残穢 住んではいけない部屋」製作委員会

 

残穢【ざんえ】 住んではいけない部屋

監督:中村義洋/2016年/日本/107分

 

劇場公開日:2016年01月30日劇場公開 公式サイト

 

映画川柳

 

この音は どこから来るの いや怖い

 

ざっくり、あらすじ

 

なんか、変な音がするんです。

 

「住む部屋で何かを引きずるような音が聞こえる」と小説家である私(竹内結子)の元に届けられた久保(橋本愛)からの手紙によって、音の正体を調べることになった二人が辿り着く真相は何なのかを描いた作品。

 

感想、思ったこと

原作は読んでいなくて、ホラー映画のようにも見えるし、ミステリーのようにも見えるし「楽しみだなー」と思って観てみたら、じめじめした日本っぽい「怪談」を描いた映画だった。

 

■怖くないから観てみてね(ニコニコ)

まず、「怖そう」と思っている方がいたら怖くないので安心してくださいと伝えたい。よくあるホラー演出で個人的に一番怖い、というか一番ビクッとするのが「音」なんだけど、そういうのがない。

「来るよ、来るよ……でーん」っていうのではなくて、じわじわと「なにこれ、怖い」っていうのを見せてくるので、ホラーが苦手でっていう人によくある「音」問題はない。だから、個人的には怖くなかったってだけ。

耳に残る音っていうのはあるから夢には出そうな部類かな。怖いと言えば怖いんだろうけど、出てこなかったから大丈夫。うん、きっと大丈夫。

 

訳あり物件みたいな話を掘り下げていくと出てくるアレやコレを竹内結子演じる「私」の語りを中心に進めていくのが、本当に怪談を聞いているかのようで、観ている人の想像力も同時に試されてるようなところがあった。

怪談って夏場に聞くイメージがあったけど、冬の寒空の下でもそのじめじめ感は変わらず。日本人ならではの想像力が嫌なほど働いてしまう。ふふふ。

 

「怖い」じゃなくて、「気味が悪い」っていうのがこの映画を正しく表現できてると思う。

 

 

■橋本愛が可愛いから観てみてね(ニコニコ)

見どころは何ですかって聞かれたら橋本愛が可愛いと言いたい。ただ、個人的な趣味でしかないけれど。

自分が大学生で、住んだ部屋で夜な夜な畳を何かが引きずる音が聞こえてきたらどうですよ。最初こそ、「気のせいかな?」なんて思いたくもなるけど、何度も聞こえたらそりゃ気味悪いわな。

でも、この映画ではそんなことに怯えるみんな大好き橋本愛がたっぷり堪能できる!これは素晴らしいことではないか。なんでこんなに可愛いんだろうね。

うるんだ瞳で「怖い」なんて頼られたら、可愛くて、そりゃ守りたくなっちゃうけど、俺も怖い。だから、ごめん。ムリ。

 

そんな橋本愛(久保)が竹内結子(私)という味方を得て、気味が悪い部屋の真相に迫っていく好奇心と行動力にはビビるし、マジかよって思う。まず、引っ越そうよ(笑)

「わたしは、まず引っ越します。はい。ああ、でも気になるかもなー。やっぱり」なんてことを考えているうちに映画は終わってた。

 

他のキャストもいい感じに気味悪さの中で演じていたし、引っ張りだこのイケメン坂口健太郎もニヤけていてよかった。というか、彼は声がいいですね。声が。タメだということが本当に悔しい。なぜ、神様はこんなにも不公平な世の中を創りあげたのか!と話が脱線したけど、今年も要注目な坂口健太郎をどうぞよろしくお願いします。

 

 

今、あなたが住んでいるところにも「何か」があるかもしれない。そう、想像したら映画を観終わったあとも、気味の悪さが憑いてくる。それこそが、この作品最大の魅力だったりする。こればっかりは、悪魔やスプラッターばっかになっている海外ホラーには出来ない。日本文化であり、日本人が持つ想像力ならではだなと思う。

あ、「怖い」には個人差があるので怖かったらごめんなさい。

 

 

予告編

 

 

残穢 住んではいけない部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。