[今週の映画]7月13日(金)公開の『ジュラシック・ワールド』続編が楽しみ&4DX版絶対楽しそう。

[今週の映画]久々に楽しみな映画のことを書く。今週末はポケモンとジュラシック・ワールド続編が楽しみ。特にジュラワ。前作もすごく楽しかったんだけど、今作も予告を見る限りスケールアップして楽しくなっていそう。3Dもいいし、IMAXのど迫力も捨て難いし、4DXでアトラクション体験もしたい。どうしよっかなー。

ジュラシック・ワールド2

(C)Universal Pictures

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が楽しみな話。

7月に入って、少しずつ夏休み映画ムードが出てくる映画館。大作がどんどん公開されていくし、映画館自体が賑わうから夏っていいよね。マナーもちゃんとしてれば最高だけれど。

その先陣を切る感じなのが、今週末7月13日(金)公開の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』。予告を何ヶ月も前から観てきているから、ただただ期待値が上がってて、ちょっと心配。ストーリーはどんなもんになっているのかわからないけど、クリス・プラットだし、ヴェロキラプトルのブルー出てくるし、きっと大丈夫。楽しい。

こないだ4DXで『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』を観たときに「もしかして、ジュラシック・ワールドめっちゃ相性いいんじゃねーの!?」と思ってしまったが故の4DX版への期待を書いてみる。

[映画の感想]『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』4DX映えバッチリな疾走感溢れるクールな映像。

2018.07.01

今度のジュラシック・ワールドは火山が噴火する。

ハン・ソロを観たときに「灰が降る演出」と「温風演出」に驚いたのだけど、『ジュラシック・ワールド 炎の王国』でもそれが活かされること間違いなし。だって、ジュラシック・ワールドのある島で火山が噴火するんだから。灰も、温風もピッタリじゃん。

しかも、ジュラシックシリーズってだいたい嵐に襲われる気がするから、雷鳴はストロボ。雨、風だってばっちり対応してるし、3Dメガネに水滴つきそう。ここまで来ると映画に集中できない気もする。

乗り物もあるじゃないか。

4DXで一番相性いいのは、乗り物系だと思うんだけど『ジュラワ2』ってなんでもあるよね。デコボコ山道をオフロード車で進むだろうし、飛行機・ヘリでの移動もあるだろうし、船もあるみたいだし、映画館で乗り物酔いする勢い。

予告でも印象的なシーンだけど、前作で登場したジャイロ・スフィア(丸いガラス玉みたいな乗り物)がぶっ飛ぶシーンなんかもあるから期待大。ちなみにこのシーンの撮影のために簡易ジェットコースターを作ったくらいガチな演技というか表情らしい。映画撮影恐るべし。

恐怖すらも体感できそう。

前作の感想なんかも読み漁ってみたけれど、恐竜が近づいてくるのに合わせて座席が動く。結局の話、これ以上の連動ってないよね、この映画。

監督がコリン・トレボロウに変わってJ・A・バヨナになるのだけど、それにも期待。『永遠の子どもだち』や『インポッシブル』でホラー描写をアクセントに作品を撮ってきているので、4DXの各演出と相まった緊張感で、すっと映画の世界へ連れてってくれそう。

ちなみに、匂い効果で、恐竜の香りが用意されていたらどうしよう。できることなら嗅ぎたくない。絶対臭いじゃん。

おわり

ジュラシック・ワールド2