MENU

[映画の感想]『マスカレード・ホテル』キムタクってやっぱかっこいいよね。シリーズ化期待

どうも、映画おバカ・manabu( @mnbspark )です。東野圭吾原作のミステリーを実写映画化。木村拓哉と長澤まさみのコンビがいい感じなので、今後シリーズ化されてもおかしくないよなーって思ってしまった。ちょっと長く感じるけど、一つひとつのエピソードが積み重なっていく様はなかなかでした。特に犯人の怪演はアカデミー賞もびっくり。

マスカレード・ホテル
(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社
目次

マスカレード・ホテル

基本情報

劇場公開日:2019年01月18日

日本/2019年/133分

監督:鈴木雅之

音楽:佐藤直紀

出演:木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世/梶原善/泉澤祐希 ほか

あらすじ・解説

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

映画.com より

警視庁捜査一課のエリート敏腕刑事と言われている新田浩介は、ある事件で東京の高級ホテルコルテシアへの潜入捜査を命じられた。刑事がホテルマンになるなど、前代未聞で気の乗らない浩平の態度は、嘆かわしい程に他のホテルマンから浮いていた。

MIHOシネマ より

キムタクと長澤まさみのコンビ

最初は文句を言い合う二人が、ホテルでの仕事を通して通じ合っていくのがいい感じ。警察としての視点、フロントとしての視点。全然違うからこそ成り立つ二人の掛け合いは見ていて楽しかった。

(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

そして、その二人を支えるどころか食って掛かってくる豪華俳優陣。どんだけ人出すんだよってくらいに色んな人が登場していて、それを見ているのは面白い。様々な人が入れ代わり立ち代わりやってくるホテルという場所ってそういうことだよなーって。明石家さんまが友情出演しているのだけど、全然わからない。ちょろっといすぎてウォーリーを探せ感がすごい。これも一つの楽しみ方かも知れない。

さくっと見られるので映画館で迷ったらあり

話はミステリーで犯人探しがあるのだけど、ちゃんと解決するし、気持ちよく映画館をあとにできると思う。ちょっと上映時間が2時間オーバーしてるから時間に余裕があれば、ぜひ大きなスクリーンでキムタクを堪能するのもありかなーって!

監督は木村拓哉と『HERO』を一緒にやっているからか、どことなくHEROな気もしちゃう。キャラクターは全然違うけど。

久々にHEROが観たくなった。

おわり

¥836 (2021/09/20 16:26時点 | Amazon調べ)

おすすめの動画配信サービス

U-NEXT

  • 今なら31日間無料トライアル実施中!
  • 最新作から名作まで、220,000本以上配信
  • スマホ・パソコン・テレビなどで楽しめる

Amazon プライム

  • 今なら30日間無料体験ができる!
  • プライム会員はAmazonの配送特典もあり
  • オリジナル作品も充実

Hulu

  • 今なら2週間無料トライアルができる!
  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!
  • ライブ配信が充実!
マスカレード・ホテル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる