[映画の感想]『望み』若手最注目・岡田健史が魅せる思春期の顔

堤幸彦監督が『人魚の眠る家』に続き、社会派ドラマを描いた『望み』観てきました。主演の堤真一、石田ゆり子と安心感しかない布陣に、岡田健史と清原果耶という若手注目株の2人が見せる家族の物語、色々考えちゃいました。

(C)2020「望み」製作委員会

望み

基本情報

劇場公開日:2020年10月9日

日本/2020年/108分/

監督:堤幸彦

音楽:山内達哉

出演:堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶/竜雷太 ほか

鑑賞記録:2020年10月10日 TOHOシネマズ 日比谷 スクリーン5

あらすじ・解説

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな高級邸宅で平和に暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来、遊び仲間が増え無断外泊することが多くなっていた。ある日、規士が家を出たきり帰ってこなくなり、連絡すら途絶えてしまう。やがて、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察によると、規士が事件に関与している可能性が高いという。行方不明となっているのは3人で、そのうち犯人と見られる逃走中の少年は2人。規士が犯人なのか被害者なのかわからない中、犯人であっても息子に生きていてほしい貴代美と、被害者であっても彼の無実を信じたい一登だったが……。貴代美役に「マチネの終わりに」の石田ゆり子。「八日目の蝉」の奥寺佐渡子が脚本を手がけた。

映画.com より

観るたびに成長する、息子役・岡田健史に注目

秋冬に公開される2文字タイトル邦画は当たりが多いという勝手な持論のもと、今回も鑑賞しています。正解でした。秋の空気感にちょうどいい鑑賞後の余韻があります。

堤真一と石田ゆり子が夫婦役で、息子に岡田健史、娘に清原果耶という個人的には間違いない気がしたキャスティングなんですけど、想像以上に子どもたちがよかった。ハラハラする演技というか揺れ動く感情を受け止められる堤さんと石田さんの安心感たるや……キャスティングのバランスがすごい。

(C)2020「望み」製作委員会

特にTBSドラマ『中学聖日記』で一躍有名になった岡田健史が高校生の思春期感を体現しています。家の中での影のある表情とクライマックスに向けて見せる微細な表情の変化に、『中学聖日記』のときからは比べ物にならないくらいの成長を感じました。

家の中と外、高校生くらいってなんか別人レベルで違うことあるよね。直近だと、『MIU404』にも出てたけど、やっぱりまだ自分と同じくらいの年代を演じた方が説得力がありますね。

ここまでにいくつかドラマや映画に出演していたのも知っているんだけど、どれも良くも悪くも小規模な感じがあってこのサイズ感の映画でこれだけ見せてもらえると本当に今後が楽しみなイケメンだと思います。

清原果耶は安定感が増したというか、相変わらずよくて、好きですね。

堤幸彦監督のイメージが大きく変わった

堤幸彦監督って『20世紀少年』とか『TRICK』、『SPEC』のイメージが強くて良くも悪くも面白おかしい作品を撮る、コミカルな映画監督っていうイメージがあるんです。

けど、最近は『悼む人』、『人魚の眠る家』、『十二人の死にたい子どもたち』なんていう原作のある暗めな社会派作品が増えていて、全部が全部いいってことでもないんですけど、当たりが多いなって気がしています。

今回も家のセットが作り込まれてて、光と影の演出がすごく面白かったです。やっぱり、注目するのは俯きながらボソボソ話す規士(岡田健史)の変化かな。

(C)2020「望み」製作委員会

今回も2時間もない中でひとつの事件をきっかけに崩れそうになる家族の姿を描いていて、過剰になりすぎない程度の演出で感情を揺さぶられました。カメラも絶妙に揺れていて、くぅってなります。

考えさせられる「望み」

とある事件に巻き込まれ家に戻らない息子。次第にわかってくる状況に、父は被害者であっても「犯罪者」でないことを望み、母は犯罪者であっても「生きて」いて欲しいと望みます。

(C)2020「望み」製作委員会

家族だったらどっちを望んでもいいと思うんですよ。父は家族を想い、母は息子を想っている。娘も中学生ながらにわかっていて。正解なんてないし、同じ状況下になったときに冷静でいられるとも思えないし、考えたくもないことですね。自分だったらどうでしょう。劇中の父と同じことを望むかもしれません。家族や自分、その他周りの人のことを考える気がします。

マスコミのあり方も考えちゃいますね……。

おわり