[映画の感想]『さんかく窓の外側は夜』平手友梨奈がもっと見たい! グロ多めのダークミステリー

どうも、映画おバカ・manabu( @mnbspark )です。岡田将生、志尊淳、そして平手友梨奈共演の映画『さんかく窓の外側は夜』を観てきました。思っていたよりもグロい描写が多く、苦手な人はご注意くださいって感じです。全体としては呪いを暑かったダークな雰囲気のミステリー作品。正直、中途半端な印象を受けました。

主演はほぼ志尊淳なんだけど、岡田将生もイケメンだし、平手友梨奈も見せ場がちゃんと用意されております。個人的にはもっと見せて欲しかったなーと。影のあるキャラクターが平手友梨奈って似合うので、今回演じている非浦英莉可(ヒウラエリカ)もハマり役なのでは、と思います。北川景子に関してはノーコメントです。北川景子……。

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre
目次

さんかく窓の外側は夜

基本情報

劇場公開日:2021年01月22日

日本/2021年/102分/PG12

監督:森ガキ侑大

音楽:戸波和義

出演:岡田将生/志尊淳/平手友梨奈/滝藤賢一/北川景子 ほか

鑑賞記録:2021年01月23日 新宿 ピカデリー シアター1

あらすじ・解説

ヤマシタトモコの同名コミックを岡田将生と志尊淳のダブル主演で実写映画化し、「霊が視える男」と「霊を祓える男」の心霊探偵バディの活躍を描いたミステリー。書店で働く三角康介は、幼い頃から幽霊が視える特異体質に悩まされていた。ある日、康介は書店にやって来た除霊師・冷川理人に勧誘され、一緒に除霊の仕事をすることに。刑事・半澤から1年前に起きた連続殺人事件の調査を依頼された2人は、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていた。真相を探るうち、彼らは自殺した殺人犯の声を度々聴くようになり……。ストーリーの鍵を握る謎の女子高生・非浦英莉可(ヒウラエリカ)役で、「欅坂46」脱退後初の映画出演となる平手友梨奈が共演。「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大が監督を務め、「重力ピエロ」の相沢友子が脚本を担当。

映画.com より

書店で働く三角康介は、ある秘密を抱えており悩んでいた。それは、「幽霊」が視えることだった。ある日、冷川理人という人物が現れ、「幽霊」が視えることを指摘される。冷川は有能な除霊師だった。三角はこの出会いをきっかけに冷川の助手を務めることになり、自由奔放な冷川の言動に振り回される。

冷川と三角は殺人課の半澤日路輝刑事に、一年前に起きた連続バラバラ殺人事件の調査を依頼される。その事件は「呪い」が生んだ未解決事件だった。冷川と三角は調査を行い、一人の女子高生の元に辿り着く。その女子高生の名は非浦英莉可。非浦は裏で「呪い屋」をしていた。非浦と殺人事件の関係とは一体何なのか?冷川と三角は、無事に真相に辿り着くことができるのだろうか!?

MIHOシネマ より

雰囲気ばっちりで進むミステリー

霊が見えちゃう三角(志尊淳)と霊は見えないけど祓える冷川(岡田将生)の出会いで一気に作品の世界に引き込んでくれます。全体的にトーンが抑えられた映像で雰囲気ばっちり。霊も呪いもばっちこいって感じ。この辺あんまり説明ないんですが、「そういうもの」ということで。

が、突然、バイト先に来てバックハグ的に胸触られて、見たくもない霊見せられて、助手になってください?! っていう急展開はキョトンってしちゃうよ。無理だよ。どう考えてもヤバイやつ。周りの目少しは気にしてください。

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

冒頭で気になったのが主演の2人もエキストラの人もみんな黒い服着てるのがすごく違和感あって、気持ち悪いんですよ。喪服的なことなんだろうか。その中に浮かび上がるようにいる霊……ホラーですね。

何はともあれ、いい感じに謎というか手がかりみたいなものを断片的に見せられ、「こういうことです」とゴリゴリと繋がっていきます。

イケメン2人に負けない平手友梨奈の魅力

ご存知の通り、岡田将生も志尊淳も顔面がよいです。イケメン。そこに元欅坂の平手友梨奈という組み合わせですよ、可愛いとかキレイとかではなく、なんかイイよね。不思議とずっと観てられる感じ。虚ろな感じと思ってたら、すっげー力強い真っ直ぐな眼差しに変わる。

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

岡田将生、志尊淳に比べると主演ではないので、出番も見せ場も弱いかなーって感じはする。けど、画面に出てきたときの存在感は間違いなく2人のイケメンに負けていないです。作品としても重要な役柄で意図的に彼女を象徴付けてるけど、キャラクターに振り回されず、しっかり応えてます。

ドラマでしっかり描いて欲しかった

映画にするにはどの要素もなんだか中途半端になっています。直接的ではないにせよ、想像したらすぐわかっちゃういやらしいグロ。冷川と三角のBL的要素。ミステリーとしての面白さ。全体的に掘り下げ不足であっちこっちに感情が散ってしまうのがもったいないなーと思いました。

もともと原作マンガがあって、最近まで連載が続いていたようです。なので映画になっているのはその一部分。続きを匂わせているところもあるし、ドラマとかで1つずつエピソードを積み上げていく方式がいいような気がするというか、ドラマでちゃんと観たい。あ、アニメ化するんだ。

(C)2021「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

とりあえず、めっちゃグロいわけではないんだけど、あきらかにやってるシーンとかはっきり映ってないけど……みたいなところは多いので、苦手な人はご注意ください。焼肉のシーンへの切り替えは悪質だと思います。焼肉食べたくなっちゃったけども。

おわり

¥400 (2021/02/22 17:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

おすすめの動画配信サービス

U-NEXT

  • 今なら31日間無料トライアル実施中!
  • 最新作から名作まで、220,000本以上配信
  • スマホ・パソコン・テレビなどで楽しめる

Amazon プライム

  • 今なら30日間無料体験ができる!
  • プライム会員はAmazonの配送特典もあり
  • オリジナル作品も充実

Hulu

  • 今なら2週間無料トライアルができる!
  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!
  • ライブ配信が充実!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる