MENU

[映画の感想]『太陽は動かない』世界が舞台のスパイアクションと脱がされがちの竹内涼真

どうも、映画おバカ・manabu( @mnbspark )です。2020年公開予定だった本作。1年延期した末にようやく公開。吉田修一の同名小説が原作のスパイアクション。『MOZU』シリーズの羽住監督が映像化。ブルガリアでの海外ロケにて撮影されたシーンの数々は迫力満点で、映像の質をグンと高めてくれてます。

そして、イケメンお尻映画が爆誕しました。竹内涼真、脱がされがち問題。しっかり鍛えてる肉体美は披露すべきではあります。あとで書いてますが、ドラマでは見せなかったのに映画では見せてる、この意図的なサービス、製作陣に変態がいる気がします。何はともあれ竹内涼真のお尻、お見逃しなく。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
目次

太陽は動かない

基本情報

劇場公開日:2021年03月05日

日本/2021年/110分

監督:羽住英一郎

音楽:菅野祐悟

出演:藤原竜也/竹内涼真/ハン・ヒョジュ/ピョン・ヨハン/佐藤浩市 ほか

あらすじ・解説

「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一のスパイアクション小説「太陽は動かない」「森は知っている」を藤原竜也主演で映画化。謎の秘密組織AN通信。この組織に属するエージェントは心臓に爆弾が埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫まるという。エージェントの鷹野は相棒の田岡とともに、死の危険を抱えながら「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐって、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦を繰り広げる。鷹野役の藤原、田岡役の竹内涼真のほか、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、佐藤浩市、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎らが脇を固める。監督は「海猿」「暗殺教室」「MOZU」など数多くのヒットシリーズを手がける羽住英一郎。

映画.com より

天涯孤独の身となった鷹野一彦は、秘密組織「AN通信」に拾われ諜報員となった。頭脳だけでなく身体能力にも優れており、優秀な諜報員として様々な任務をこなしていた。そんな彼の相棒は、若手諜報員の田岡亮一。

秘密組織「AN通信」は表向きニュース配信会社を装っていた。その裏で国や企業を相手取り、機密情報の売買を行っていた。秘密組織「AN通信」に所属する諜報員達は、胸に爆弾を埋め込まれていた。裏切りを防止するためのもので、24時間ごとの定期連絡を怠ると爆発する仕組みだった。

MIHOシネマ より

鑑賞記録:2021年03月06日 新宿 ピカデリー スクリーン3

WOWOWドラマから続くスパイアクション映画

WOWOWで『太陽は動かない -THE ECLIPSE-』という前日譚が全6話で2020年5月頃に放送されました。WOWOWオンデマンドで配信もされているので気になる方は観てから映画を観るのもいいと思います。無料トライアルで観れるみたいです。もちろん、映画単体でもちゃんと形になってるのでご安心ください。

映画はドラマの設定そのままにドラマのラストからの流れで進んでいきます。自分はドラマがあることを知らず、普通に映画を観に行ったのですが、ちゃんと楽しめました。ただ冒頭でとある俳優の無駄遣いと全体的にドラマっぽい見せ方に違和感を感じました。全部一気に撮影したんだろうなーって。帰ってきたあと、ドラマは一気見しちゃいました。面白かったです。

羽住英一郎監督といえば『MOZU』を手掛けたことでもお馴染みなので、海外ロケ、国際俳優、アクションに関しては一級品ですね。ちょっと爆発の合成が気になっちゃったくらいであとは痛々しい格闘は一見の価値ありって感じです。ハン・ヒョジュを久々に観た気がします。相変わらず美しい。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

惜しいなと思ったのは24時間以内に定期連絡を入れないと胸に埋めたチップが爆発するという仕掛けがあまり緊迫感を生めてないというか、やばい感じがしないというところ。多分、解除の仕方がチョロいせいな気がします。

竹内涼真、お尻丸出しシャワーシーン

最近、竹内涼真脱がされがちじゃないですか。筋肉質だけど、程よく肉付きがいいムチムチっとした身体が好評なんでしょうか。ドラマ『君と世界が終わる日に』でもシャワーシーンだったり、なんともないシーンで脱がされていた気がします。ファンが嬉しいならいっぱい脱げばいいです。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

話を映画に戻します。なんと、お尻丸出しシャワーシーンがあります。すごい。WOWOWで放送された前日譚でも同様のシーンがあるんですけど、そこでは手前に家具が置いてあり、肝心のお尻はチラリズム。他のシーンも湯気でぼかされていたりと執拗に見せない感じがあったのに、映画ではガッツリ出ちゃってます。お尻。ファンの皆様必見です。セクシーです。サービスされてます。断ってもいいのに。

もうね、このブログを”お尻おバカ”に改名した方がいいんじゃないかと思うくらい変態視点で映画観てます。ごめんなさい。お尻って需要あるのかな。

ドラマで掘り下げられなかったエージェントの過去

映画はドラマから続く任務ではあるものの、映画単体で完結するようになっています。観にくいなと思ったのは鷹野(藤原竜也)のエージェントになるまでの少年編と行き来するところ。もちろん、物語と関係があるので必要といえば必要なのですが、ドラマでやってくれって思う内容でもあり、もどかしさを感じます。少年時代を演じている日向亘は今後活躍しそうな気がする。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

とはいえ、ノースタントで挑んだらしい数々のアクションは一つひとつ見どころになっていて、列車のシーンとかかっこいいです。狭いところでのアクション好きです。プラスで胸にチップが埋め込まれているという設定上、上裸になりがちな展開でファンはよだれしか出ない映像になっているかと。邦画でもゴリゴリのアクション観れる映画増えてて嬉しいです。

バディものとして、続きを作ってもいい気がします。要素としても残されてるし、ぜひWOWOWさんお願いします。

関連作品

前日譚のドラマはすでにソフト化済み。羽住監督や藤原竜也、竹内涼真の過去作もぜひ

¥12,236 (2021/03/07 15:02時点 | Amazon調べ)
¥300 (2021/03/07 15:01時点 | Amazon調べ)
¥300 (2021/03/07 15:01時点 | Amazon調べ)
¥400 (2021/03/07 15:02時点 | Amazon調べ)

おすすめの動画配信サービス

U-NEXT

  • 今なら31日間無料トライアル実施中!
  • 最新作から名作まで、220,000本以上配信
  • スマホ・パソコン・テレビなどで楽しめる

Amazon プライム

  • 今なら30日間無料体験ができる!
  • プライム会員はAmazonの配送特典もあり
  • オリジナル作品も充実

Hulu

  • 今なら2週間無料トライアルができる!
  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!
  • ライブ配信が充実!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる