[映画の感想]『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ありがとう、ジェシー。三浦春馬の活躍に拍手。

人気テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』シリーズの劇場版第2弾。公開延期されていましたが、4連休にバッチリ合わせてきてくれました。公開直前にショッキングなニュースがあり、なんだか平常心で見られない作品になってしまいましたが、そこにはちゃんとジェシーを演じる三浦春馬の姿がありました。

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

コンフィデンスマンJP プリンセス編

基本情報

劇場公開日:2020年07月23日

日本/2020年/上映時間124分

監督:田中亮

音楽:fox capture plan

出演:長澤まさみ/東出昌大/小日向文世/ビビアン・スー/関水渚 ほか

鑑賞記録:2020年07月23日 新宿ピカデリー スクリーン1

あらすじ・解説

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した。10兆円とも言われる遺産をめぐりブリジット、クリストファー、アンドリューの3姉弟が火花を散らすが、執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだった。世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆にコンゲームを仕かけるが……。共演には、劇場版前作「ロマンス編」の竹内結子、三浦春馬、テレビドラマ版の広末涼子、江口洋介らシリーズでおなじみのキャストに加え、「町田くんの世界」の関水渚、「アクシデンタル・スパイ」のビビアン・スー、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐らが新たに参加。

映画.com より

安定の騙し合いと顔芸、コスプレ芸

テレビシリーズから好きで観ていた作品で、昨年公開された前作も劇場でクスクスした記憶がまだ残っているくらいです。

基本的な話の構造は長澤まさみ演じる主人公・ダー子がオサカナ=騙す相手を決めて、色々仕掛けていく、という詐欺の話。この構造自体は劇場版になっても崩れることなく、安心して観られるのはいいよなーと思うわけです。

もちろん、ドラマよりもしっかりお金掛かってるので話のスケールはでかくて、今回は世界有数の大富豪一族からお金もらっちゃおう的なノリで話です。マレーシアのランカウイ島でロケ。リゾートロケ! 『クレイジー・リッチ!』の世界。

騙すために長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が様々な人物に扮することになるので、言ってしまえばコスプレ大会が観れるのもコンフィデンスマンJPの魅力だなーと改めて感じました。特に長澤まさみ、攻めてきますね……。よく言えばファッションショーが楽しめる映画とも言えます。

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

登場人物それぞれにしっかり見せ場を作りつつ、話を転がしていく展開には毎度ビビります。これだけの数の登場人物をさばく脚本術、恐るべし。

そして、ただの騙し合いに終わらず、物語を思いもよらぬ方向で着地させるのもコンフィデンスマンJPだなーと。赤星さんとの関係性も最高です。

あの人も!? 豪華すぎる出演者たち

基本的にゲスト俳優が豪華な作品なんですけど、劇場版第2弾にもなるとそのレベルがすごすぎて感覚が狂ってます。ドラマシリーズ、特別編、劇場版第1弾からの続投だけでもすげーのに、今作だけのために出ている人もいっぱいいて、何で出演してるの!? って感じになります。

個人的にはオサカナになっていた、大富豪フウ一族を演じていたビビアン・スー、古川雄大、白濱亜嵐のアジアンリッチな雰囲気がよきでした。ビビアン・スーの年齢を聞いてビビる妖艶さ。御年45歳。全くそんな風には見えないし、(いい意味で)イヤな女が似合う。そして、白濱亜嵐はやはり脱ぎがちという、肉体派俳優の地位を得ようとしているのか、ファンサービスなのか。クラブが似合うにじみ出るチャラさと繊細な次男を好演していたと思います。

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

あ。街ナカにさらーっと登場する彼には驚きました。どんなチョイ役だよ。誰のことかは観たらすぐわかります。

MVPはコックリという新メンバーを演じていた関水渚一択で。まじでカワイイ。

また続編があれば登場してほしかった

そして、遺作となったわけではないですが、三浦春馬の活躍もしっかりバッチリ観れます。長澤まさみとのコミカルなダンスシーンは楽しそうで、天才恋愛詐欺師ジェシーならではの立ち回りもニヤニヤしちゃいます。

すっかりコンフィデンスマンJPに馴染んでいたばかりに、これでジェシーも見納めと思うと本当に寂しいですね。これまでの作品、そしてこれから公開されるであろう作品もしっかり目に焼き付けようと思います。

(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ファンのいるちゃんとヒットする作品なので、今後も特別ドラマだったり、劇場版だったりでコンフィデンスマンJPは続いていくはずです。髭男の主題歌とともに。

ただ、枠組みは一定の作品なので、何かしら工夫しないと飽きられちゃうよなーとも思いつつ、また次に期待です。

そういえば、今劇場では長澤まさみの別の表情が楽しめる『Mother』も公開してますね。本当に全然違う女性を演じてます。お母さん。

おわり