[映画の感想]『ヴェノム』よだれ滴る4DX!!面白いにグロいが寄生したダークヒーロー。

[映画の感想]トムハことトム・ハーディ主演のMARVELのダークヒーロー映画。『スパイダーマン』シリーズの悪役として人気のキャラクターの単独作品。見た目のグロさだけでなく、残虐なシーンも多いけど、ヴェノムとして生きることとなった一人と一匹(?)の掛け合いが面白かった。4DXならではの疾走感とよだれ。これはよだれ映画。

ヴェノム

(C)&TM 2018 MARVEL

ヴェノム

Venom/監督:ルーベン・フレイシャー/2018年/アメリカ/112分

劇場公開日:2018年11月02日劇場公開

映画川柳

舌ぺろり いただきますと 噛みちぎる

ざっくり、あらすじ

俺たち、ヴェノムだ。

正義感溢れる記者エディ(トム・ハーディ)はライフ財団の悪行を暴こうとするが、その最中に宇宙から来た謎の生命体”シンビオート”に寄生されてしまう。どうなる、エディ!?どうなる、ヴェノム!?的な映画。



感想、思ったこと

サム・ライミ監督の『スパイダーマン3』に登場していたヴェノム。マーベルコミックの中でも人気らしいヴィラン。しかも、主演はトム・ハーディ!こりゃ観ないとね。ってあんまり原作でのヴェノムの扱いは知らんのですが……。

■二人でひとつ、掛け合いが面白い

正義感あふれる記者であるエディと寄生生命体シンビオートが掛け合うのがとにかくイイ。全体的にグロさとダークな雰囲気で進んでいくのだけど、コミカルな部分もあって、バランスのよさで最後まで楽める。ちょっと怖い感じはあるので、苦手な人はご注意って感じ。

物語的にはちょっと物足りないなぁーって印象。ラブロマンスの要素、ヒーロー映画、グロさ諸々、てんこ盛りだから飽きないんだけど、どうも中途半端な感じも拭えなくて、クライマックスのバトルも呆気なさも気になった。
人生どん底に落っこちた主人公エディと地球に落ちてきたシンビオートの<マイナス×マイナス=プラス>みたいな部分で、一人と一匹の関係性がもう少し深掘りされてたらなぁと。
というか、個人的にはもっとグロさを求めていた部分があって、あの見た目でこの程度かよっていうがっかりがちょっと強いかも。

今後スパイダーマン関係でシリーズが展開していくのであれば、ワクワクしながら待ちたい。トムハでもっとヴェノム観たい。

あ!アメコミ映画におなじみのエンドロール後のおまけ。ヴェノムにもあり。しかも2回も。2つ目のはなんか長すぎて、ピクサーの上映前短編みたいな印象。どっちも先が気になる内容になってたので、最後まで席を立たずに観てほしい!

おわり

ヴェノム